校章

飯田市立竜東中学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2221 飯田市龍江9205 TEL 0265-27-3169 FAX 0265-27-4729
学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2015 年 7 月 のアーカイブ

電動自転車のバッテリー回収について

パナソニック電動アシスト自転車用バッテリーの一部製品において、特定期間における製造上の不具合により、発煙・発火に至る可能性のあることが判明し、リコールとなりました。

対象となるバッテリー品番とロット記号(2012年12月~2013年4月製造)NKY449B02、RA08/RB01~28/RC01~31/RD01~22  及び NKY450B02、QL17~31/RA01~31/RB01~28/RC01~31/RD01~17 (小さな文字で記されています)

バッテリー品番とロット記号については、8/3(月)までに学校へ報告くださいますようお願いします。また、対象のバッテリーについては充電器に付けたままにしないで、周辺に可燃物がない場所で保管していただき、利用を控えるようお願いします。

本校分については、念のためすべてのバッテリーを8/10(月)までに回収しますので、この日までに職員室へ提出してください。

安全なバッテリーと交換して盆明けに返却します。 ご協力よろしくお願いします。

 

 

ページの先頭にもどる

第4回ふるさと竜東の集いが行われました

ふるさと竜東の集い7月26日(日)午前 「みんなで創ろう 竜東ワールド 竜東の未来」~千代IC、龍江IC、飯田東(上久堅)IC、三遠南信自動車道開通後のふるさと竜東の姿~

小中学生、保護者、同窓生、地域住民、学校職員等、総勢250名近くの参集があり、恒例の「ふるさと竜東の集い」が盛大に開催されました。

オープニングセレモニーでは、本校吹奏楽部の演奏や全員で「下伊那の歌」を歌う他、千代野池地区の木遣りを披露していただいたり、飯田市佐藤副市長からご挨拶をいただいたりしました。

パネルディスカッションでは、上久堅小・千栄小・竜東中・高校生の児童生徒各1名と、千代地区・上久堅地区・龍江地区の代表者各1名がパネラーとして、ふるさと竜東の未来についてそれぞれの思いを語っていただき、フロアーからも意見をいただきました。

その後、中学3年生が司会する23の分散会に分かれて、様々な世代の方々がこれからの地域のあり方や自分たちができそうなことを語り合い、それぞれの立場からの思いや考えを共有しました。

全体会では、4つの分散会から話し合われた内容の発表があり、龍江小・千代小の児童をはじめ多くの方々が挙手発言してくれ、この会が締めくくられました。

また、国土交通省中部地方整備局飯田国道事務所、飯田市建設部国県リニア事業課からの厚意による三遠南信自動車道に関するパネルも掲示させていただきました。

 

 

ページの先頭にもどる

本日の下校について

部活動・クラブ活動なし、一般下校時刻を完全下校とします。ただし、吹奏楽部はコンクール間近ですので、クラブ活動まであります。

詳細は、14:10配信の安心メールでご確認ください。

ページの先頭にもどる

台風11号接近にご注意を

大型の台風11号が強い勢力を保ったまま、明日から明後日にかけて西日本を北上する見込みであり、東日本~西日本の太平洋側に活発な雨雲がかかる予想もされています。

登下校時の注意事項や学校の対応につきましては、安心メールでご確認ください。

ページの先頭にもどる

上久堅地区大鹿線 当面 通行止め

7月10日に安心メールでお知らせしました、落石による通行止めになっている大鹿線ですが、現地調査の結果、当面の間「通行止め」を続けるとの連絡がありました。

通行止めの間は迂回路を通るなどし、安全に登下校できるようご注意ください。また、通行止め解除については、市からの情報をお待ちください。

ページの先頭にもどる

三遠南信自動車道に関する説明会

国土交通省中部地方整備局 飯田国道事務所 調査設計課長を招いて、「ふるさと竜東の集い」サブテーマ ~千代IC,龍江IC,飯田東(上久堅)IC,三遠南信自動車道開通後のふるさと竜東の姿~ の事前学習会を行いました。

・東三河~遠州~南信州、新東名高速道路~中央自動車道をつなぐ自動車道

・飯田市役所~浜松市役所の所要時間が、一般道ルート200分→三遠南信ルート120分へ。

・三遠南信自動車道とリニア中央新幹線により、三遠南信地域内及び大都市間の高速交通ネットワークが形成される。

・災害に強い道路機能が確保されるとともに、救急医療活動や地域活性化が期待できる。

・龍江IC(仮称)~飯田東IC(仮称)、平成29年度の開通を目指している。また、天龍峡IC~千代IC(仮称)、天龍峡大橋もこの近い時期の開通を目指しているとともに、景観に配慮した天龍峡大橋には桁下80m歩道も計画されている。

 

ページの先頭にもどる

中高特教頭連絡協議会の感想から

7月2日(木)午後、飯田下伊那地区の中・高・特別支援の教頭先生が本校を会場に連絡協議会を行いました。参加者から次の感想をいただきました。

・校舎内がとても明るいと感じました。生徒の皆さんの「こんにちは」、廊下にていねいに貼り出されたバラエティな掲示物、整えられた教室環境がその理由かと思います。こちらの顔を見て言ってくれる「こんにちは」の一言が心に届き、思いやりを感じました。その心が清掃にもつながっているのだろうと感じました

・校舎に入るやいなや、爽やかで元気のよいあいさつの出迎え、とても嬉しかったです。学校全体の雰囲気がキリッとした落ち着きも感じました。普段の清掃により隅々まで手の入ったきれいな校舎と、整った学習環境でうらやましいです。

・少人数の限られた人間関係を配慮されて、生徒同士が互いに関わり合う学習を意図的に進められているのがよく分かりました。友のアドバイスを受けながら粘り強く学習している姿は、日頃の教育活動の成果と思います。

・参観させていただいた授業では、授業をされる先生の声量がとても聞きやすかったです。また、授業中の活気があり、一人一人が主体的に関わっていました。活気の中にもメリハリがあり、取り組むべきことはしっかり取り組んでいる姿が印象に残りました。

・授業では生徒の表情がよく、なんと素直に楽しそうに学習しているんだろうと思いました。生徒同士の関わりでも自然な学習ぶりで、日頃の先生方のご指導がしのばれます。とてもよい雰囲気で、相手の目を見て話しかけているからだと授業を見て気づきました。「学びの空間」を感じました。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->